スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平安王朝」読書メモ





岩波新書の「平安王朝」という本を読み返してみました。


他の中世の寺社勢力について書いた本を読むときに、
院政期の流れがちっとも頭に入っていないので、

いまひとつ内容がすっと入ってこないので、
平安時代を大きく取り扱っているこの本を再読してみました。

他にも平安時代の本を持ってはいるのですが、
他の本は、摂関政治の最盛期(道長・頼通)で終わって、
院政期は次の巻でといった感じで描かれていないのです。

で、読み返してみるとやっぱり頭に入っていない。
おいおい、ちょっとずつ覚えるしかないですね。


で、思ったのは、白河院が言ったとされるいわゆる「天下三不如意」(てんかさんふにょい)、

「賀茂川の水、双六の賽(さい)、山法師」

すべて意のままになる白河院でもこの三つは意のままにならないということなんですが、
高校の日本史で習ったときや、この本を読んだときも特別気にならなかったのですが、

いま読んで思うは、

「最高権力者なら、賀茂川の治水工事をすればいいじゃないか」

ということです。
中国の権力者なら、人気取りにもなりますし、治水工事をすると思うんですよね。


治水工事をするという発想がなかったのか、
技術がなかったのか、
お金がなかったのか、


いずれにせよ、最高権力者というには小さいなと思ってしまうのは自分だけでしょうか?
ずっと時代は変わりますが、
釜無川の治水は武田氏という一地方政権が成し遂げているわけですよね。

そのへんがどうも納得いかないのです。


次に「へぇ」と思いつつ、「あれ?」と思ったのは、

白河院が皇子に父後三条天皇にちなんで「善仁(たるひと)」と名付けて、以後天皇の諱(いみな)に
「仁」の字がつけられるのが恒例になり、現在に至る。


大略して上のような意味の文があり、納得したのですが、
パッと例外として浮かんだのが、後醍醐天皇とその皇子たちなんです。


後醍醐天皇は諱がたしか「尊治(たかはる)」、
その皇子たちは大塔宮が「護良(もりよし)」、
       征西将軍宮が「懐良(かねよし)」でみな「良」の字がつくはずなんですよね。


これは何か意味があるんだろうか。
前後の天皇や皇子の諱を知らないので、なんとも言えないですが、
「仁」の字がついていない例外なのは、なぜなんでしょうね。


他に面白いと思ったのは、

平安時代の最初に早良親王に追贈されたのが、「崇道天皇」
平安時代の終わりに讃岐院に追贈されたのが、「崇徳天皇


で共に「崇」の字をもつのですが、
この時代より前に「崇」の字を含む天皇は、

「崇」神天皇
「崇」峻天皇のお二人。(手書きのメモで確認しただけなので間違いがあったらごめんなさい)


のちに「崇」の字をもつのは、南北朝合一前の北朝の

「崇」光天皇

崇峻天皇は、天皇として唯一臣下に害された天皇ですし、
崇道天皇、崇徳天皇は共に怨霊となってたたりをなしたといわれる方、

崇神天皇はべつとして、

吉例が1、不吉な例が3というこの状況で、
「崇」の字をいただいた崇光天皇。


ほとんど印象がない方だけに新たに気になったりします。


まとまりがないですが、読書メモとしてつけておきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

自転車のサドル交換






IMG00307a.jpg


IMG00310a.jpg


タイトル、そのまんまでいつの頃からか破れていた、

愛用の自転車”轟天号”のサドルを新しい物と交換しました。


所用でホームセンターや百均に行くたびに、

適当な物があれば購入しようと思っていたのですが、

なかなかなく、

先日立ち寄ったホームセンターでようやく出会った物に交換です。

(ロードバイクとかクロスバイクに似合いそうなシャープなスタイルの物は、
 何店舗かであったんですが、なにしろ”轟天号”はママチャリなもので)



交換自体は、ネジを二本外して新しい物をはめこむだけなので、

不器用を絵に描いたようなわたしでも、

すんなり交換できました。

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

おうすを淹れる





IMG00312a.jpg


朝と夜に、気が向いたら坐禅瞑想の真似事のようなことをしていると、
ぷち瞑想?ぷち坐禅?というタイトルで以前書きましたが、


ほぼ同じ時期に生活のなかにもちこもうとしたのが、
朝のウォーキングと、抹茶(おうす)を飲むことです。


残念ながら、ウォーキングは定着せず、抹茶を飲むことは、ほぼ定着したように感じます。


もともと以前から抹茶を飲んではいたのですが、他の飲み物と並べてみると、

紅茶>コーヒー>麦茶>番茶>緑茶>抹茶

というような順で並んでいたのが、いまは、

紅茶>抹茶>麦茶>番茶>緑茶>コーヒー

と飲む頻度があがりました。


とはいえ、大層な道具を持っているわけではなく、

抹茶碗、茶筅、茶杓、抹茶

だけですね。


これも個別に商品を買い揃えたりしたわけでなく、
一保堂茶舗の「はじめの一保堂」というキットを購入したものを使い続けています。

しかも、これを買うとき、なにやら気恥ずかしくて
「ひとにあげます」と言って買った記憶が……。


実際に自分で淹れてみるまでは、ややこしいイメージがあったのですが、
少しの手順がかえってリラックス効果とリフレッシュ効果を呼ぶような気がします。


簡単に手順を書くと
(上記のセットを買うと手順の書かれたしおりがついているのですが、
 いまは見ながら淹れているのではないので、
 もしかしたら落ちている手順があるかもです)


1.抹茶碗一杯分のお湯を沸かす

2.沸いたお湯をしばらくおく もしくは 別の容器に移す。

3.お湯を抹茶碗に少し注ぎ、そのお湯で茶筅の先をすすぎ洗いする。

4.抹茶碗のお湯を捨て、手ぬぐいで茶碗の中を拭う

5.茶杓に大盛二杯の抹茶を抹茶碗に入れる。

6.お湯を下から3分の1ぐらい入れる。

7.茶筅で抹茶を混ぜる。
  しおりでは、「m」の字を書くようにと案内されていたのですが、

  「川」の字を楽に書くような気持ちで混ぜると、最近手返しが良くなってきたような気がします。

8.喫する


と、こんな感じでしょうか。


お湯の温度が高めだと苦くなり、ぬるめだと甘くなると思うので、

そのあたりも自分で調節しながら楽しんでいます。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

「原発・正力・CIA」を読んで





原発・正力・CIA」という本を読みました。


Twitterで以前

「原発を導入した正力松太郎は、郷里の富山を愛していたので、
 事故があったときに被害が及びにくいように原発を富山には誘致しなかった」

というような趣旨のツイートを読んだので、
そのようなことが書かれているのかと思い読みました。


が、そのような記述はなかったです。
正力松太郎は原子炉が日本に導入される際にはキーパーソンの役割を果たしましたが、


商用の原子力発電所が複数立地されて、
本格的に発電を担っていくことになる前の1969年に政界を引退し、その年に死去しているから、

「郷土愛から富山にうんぬん」

というのは、成り立たない話なのかなと思います。


で、富山の件を離れると、途中で引用されているCIA文書で

「彼(正力)のメディア帝国は日本で最も中央集権的で、従って最もコントロールしやすく、
大衆の心を掻き立てるという点では最も影響力が強い。」

と書かれており、

著者が、
『メディアで繰り返し取り上げることによって有権者に特定の政治課題が重要だと思わせることを
「プライミング」と呼んでいる。』

と記述しているのを読んで、

読売新聞を中心とするメディアは、いまはこの体質から脱却していうのかな、大丈夫かなと
思ってしまうのは、わたしだけではないと思います。


また、引用されているCIA文書のなかに

「原子力エネルギーについての申し出を受け入れれば、
必然的に日本に原子爆弾を所有させるということになる。
これらは、トラブルメーカーとしての潜在能力においてだけだとしても、
日本を世界列強のなかでも第一級の国家にする道具となりうる。」

なんて言葉もあって、
訳語の選択によるのかもしれませんが「列強」という言葉が、
第二次大戦後なのに使われていて、
軽い衝撃を受けましたし、


やっぱり一部の人がひどく原子力発電所の維持拡大にこだわるのは、
原子力発電所のウランなりプルトニウムなりから、
核武装できる状態を維持したいということなのかなと考えたりしました。


あと、

『アイゼンハワー大統領はホワイトハウスの記者会見でこう述べた。
「ソ連の人工衛星は大陸間弾道ミサイルを完成したことの証明である。それには軍事的な意義がある」』

という文章もあり、
「人工衛星」と「大陸間弾道ミサイル」は、

同じ技術の表裏であり、
同じ物をどの角度から評価するかということなのだな、と再確認して、


先日の「北朝鮮が人工衛星と称する事実上のミサイル」騒動を思い出して、
おかしさを噛みしめました。

Twitter上では「○○と称する事実上の××」なんてツイートが氾濫したものですから。


しかし、裏を返せば、
日本は人工衛星を打ち上げる技術を持っているのですから、

核部分さえあれば、
核つきの大陸間弾道ミサイルを導入するだけの下準備は完了しているということですね。


だから、日本の人工衛星の打ち上げに軍事的な脅威を感じたり、
軍事的な観点から興味を寄せているであろう国もあるだろうということですね。


でますます、先ほど自分で書いた

> やっぱり一部の人がひどく原子力発電所の維持拡大にこだわるのは、
> 原子力発電所のウランなりプルトニウムなりから、
> 核武装できる状態を維持したいということなのかなと考えたりしました。

という言葉にループしてしまいます。
ただ、狭い国土の日本で核実験を繰り返さないと、

品質を維持したり向上させたりできない核武装は現実性があるのかなと、思ったりもします。

臨界前核実験という手法もあるのでしょうが、
すいません詳しくないので、ここまでにします。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

ぷち瞑想?ぷち坐禅?





最近、毎日というわけではないのですが、

朝と夜もしくはそのどちらかに、

瞑想?というか坐禅?というか、

お布団のマットの上で足を組んで、1回につき3分間座ってます。



なぜ、そんなことを始めたかというと、

知っている人は知っているんですが、

見かけによらず?見かけどおり?に気が短いところがあって、

感情を「自律」しようと思って始めたわけです。



もともと、小学校の通知表の短信欄には

常に「短気を治しましょう」と書かれていたほど気が短かったのですが、

大学生活と、その後のグータラ生活で治したつもりでいたのですが、

前職といまの生活がいけないのか、

すっかり短気な気持ちが戻ってきて、感情のコントロールに苦慮する時が出てきました。



治そうという意志がある証拠に「自己変革の心理学」なんて本をイライラがひどすぎるときには読み返したりしていたのですが、

おっつかないので、

新たにぷち瞑想、ぷち坐禅を始めたわけです。



なぜ、瞑想、坐禅なのかはあまり深く突っこまないでください。

いま手元にないのですが、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」のなかで、

瞑想、坐禅をほめていたシーンがあったように記憶しているのと、


もともと、うちの実家が曹洞宗で、

一時は本当に永平寺に行って修行してお坊さんになろうかと、

「一瞬だけ」考えたことがあるせいかもしれません。



で、それをはじめてから「辺境ラジオ」というポッドキャストを聴いていると、

その中で名越先生が、

「瞑想やってうまくいったときには、風呂上りに腰に手をあててラムネ飲んだ時ぐらい気持ちいい」

と言ってたので、とびとび、ぼちぼち続けている状態です。



でも、個人的には、

そんな気持ちのいい状態にはなったことがないです。

先日、一度だけ「自律、自律、感情のコントロール」なんて考えながら始めたあとで、

一瞬だけフッと何も考えずに空白になった時間があって、

「おっ、いまのよかったんちゃう!」

と思ったのですが、本当にあれは良かった状態なのか。

禅でいうところのいわゆる「野狐禅」ってやつかもしれんなとも思ったりします。


まあ、ぼちぼち自己流、無手勝流でつづけていくつもりです。



ちなみに宗教に目覚めたわけではないので、勧誘なんかは結構です。

それどころか皆さん、カルト宗教には十分注意しましょう。


そんなわけで「Q&Aオウム真理教 ―曹洞宗の立場から―」にリンクしておきます。

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

「政治不信」とは?






お風呂から出て体を乾かしているときに思ったんですが、
よく報道などで「政治不信」が高まっているとか言いますが、

「政治」に対して「不信」がある状態というのは、

実は普通のことであって、
べつになんら憂うべき状況にないのではないか、とふと思いました。


当初は、お風呂の中で何かの連想から「疑う」ことについて考えていたんですが、
「ふっ」と考えが跳んだ先で先ほどのように思いました。


そもそも近代の立憲主義というのは、

『歴史的に見て国はひどいことをしばしば行なう』

だから、憲法という言葉によるビジョンを掲げて、

『必要悪の国を国民の代表である議員を議会に送って、
 国を縛る法律というルールを作る』

というものだと思います。

そして、その国を縛る法というルールをうまく作れない議員には、
選挙を通して、当選落選で成績をつける。


というわけで、基本的に「政治を信じる」という構造ではなく、
当たり前に基礎にあるのは、「不信」ですよね。

そんなわけで「政治不信は普通の状態だ」と思ったわけです。


そもそも、「信じていたら良くしてくれる」というのは、
政治ではなくは宗教のような気がしますね。


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

5月4日移動中の発見






所用でいつものとおり、自転車をこぎこぎ移動していたところ、
↓のようなものを見つけました。

IMG00306a.jpg

写真では、静止しているように見えるのですが、
今日の強い風を受けて、かなりのスピードで回転していました。

写真では撮れなかったのですが、
右手側の社屋の屋上にも同型のものがあり、
クルクルとかなりのスピードで回転している様子です。


これは、風力発電?
とは思ったものの、
自分の思い浮かべる風力発電機は、

カバーのない扇風機の大型版といった感じなので、

正体がわからないまま、帰って来ました。


帰宅後、google Mapでおおよその位置をだし、会社名を確認して検索すると、

でてきました!!


大誠テクノ株式会社さんの風力発電装置「プロメテウス」というもののようです。

リンク先のページに記された説明によると、ジャイロミル型という羽の配置みたいですね。
で、わたしがさきほど大きな扇風機と呼んだのが、プロペラ型。

各国で特許も取得されているようです。

へえ。
低風速でも回転するとのことなので、
今度は風の弱い日に近くを通りかかったらもう一度見物してみたいと思います。


大誠テクノさんのホームページのトップのアニメーションでも、
このジャイロミル型の風力発電装置がクルクルと回っているのがかわいいですね。


勝手にリンク張ってしまったけど、大丈夫かな?
万が一リンクに気づかれて、リンク不可ならおっしゃってください、大誠テクノの関係者の方。

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

あなたのお名前なんてーの?






IMG00297a.jpg

IMG00298a.jpg

とっくに桜の季節は終わってしまいましたが、

桜とほぼ同時期に咲いていたこの白い花、なんという花なんでしょうか?


密集した白い花が目立つので、難波宮跡の横を通るときに携帯のカメラで撮ってみました。


昔、銀閣寺に行ったときに、
すぐ後ろを歩いていた母娘のお母さんが、

とてもくわしく娘さんに花の名前を順々に教えていたので、

「僕もあんな親になりたい」と思ったのですが、どうやらそうはなれそうにないな。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ラジオのおもひで






以前も書きましたが、

もともと一人暮らしで家事の際の邪魔になるので、テレビがなくラジオ生活なわたし。


テレビがあると、テレビの前に見るともなくどっしり座り家事が進まなくなるので、

耳から情報が取れるラジオがいいのです。


とラジオ中心の生活をしていたのですが、
ひょんなことからラジオがなくなりまして、

以前にもましてウォークマンにパソコン経由のポッドキャストを放りこんで聴くようになっています。


ウォークマンではFMは聴けるのですが、わたしはあまり好きじゃないんですね、

大阪ではトップシェアの某FM802が。



英語の出来ない人間のひがみなんでしょうか。

曲紹介が「それホンマに英語でないとあかんのか?」と思いだしてからは、

まったく聴かなくなりました、某FM。


いまの若い人には想像もつかないらしいですが、
深夜ラジオをあれこれと聴いた世代ですし、

もともと育った実家も朝からラジオをかけている家だったんです。


で、そのラジオは、AMのABCラジオ固定の家でした。


「おはよう、パートナー」

「おはようパーソナリティ道上洋三です」
(いま、google変換で候補としてすっと出てビックリした)

「フレッシュ9時半キダタローです」

「日産ミュージック・ギャラリー ポップ対歌謡曲」

「ヤングリクエスト」

「メモリーズオブユー」

で野球シーズンは高校野球と阪神のナイター。



懐かしいなあ。

これを書きながら、ABCラジオのサイトをチェックしてみると、

「おはようパーソナリティ道上洋三です」はまだ続いてるぞ。

アシスタントがわたしの聴いていた頃の「あきよしえみ」さんではなくなっているけど。


子供の頃のアシスタントで名前を覚えているのは、「からかわまちこ」さんだな。
たしか、あだ名は「おはなちゃん」だったような気がする。

「フレッシュ9時半」のアシスタントで覚えているのは、
「手が黄色くて、お尻が青くて、ほっぺが赤い」というキャッチフレーズの方、

でも、お名前は忘れてしまったなあ。


ABCが身にに染みついていたので、「ミューパラ」という深夜放送の年越し放送まで聴いていたもんですが、
ABCラジオを聴かなくなったのは、
リーマン・ショックの後で、深夜放送を東京のものを流すようになったのと、

昼前の「妹尾和夫」さんの番組がなくなって、

「なんだかなあ」と思ったせいなんですが、妹尾さんは昼の番組で復活しているみたいだ。



この中でも、一番思い出深いのは、「メモリーズオブユー」。

いまやっておられるのは「小林大作」さんなんですが、


わたしが子供の頃に担当されていたのは、「あだちはるひこ」さん。

アシスタントさんがドイツ語ができる方で、曲紹介のときにドイツ語で

曲名のあと、「○○○オルケストラ」とドイツ語で紹介する音が日曜日の夕方に流れてくると、

「明日からまた新しい一週間が始まるのだ」とややゆううつな気持ちになったのは、

よくこの番組で流れていたタンゴの悲しい音色のせいばかりではないのでした。



なんだかまとまりなくラジオについて書いてみました。

テーマ : ラジオ
ジャンル : テレビ・ラジオ

豆乳みそスパゲティ






いやー、また更新の間隔がとても空いてしまいました。

そのために広告が上に出ていたようですが、更新したので消えたはずです。


いろいろ書こうと思ったことはあったんですが、

「これは書かないほうがいいな」と判断したり、

「これは書けない」と投げ出したりで、


結局、また個人的な生活のことを書くことにしました。


IMG00300a.jpg

わたしがよく行く、「とまと家族」という野菜中心のスーパー?みたいな小売店がありまして、

そこでたまに見かけるのが、
この↑「味えのき」という名前のえのき。

普通の白いえのきよりもシャキシャキ感があり、おいしい。

で、この味えのき君を使ってよく作るスパゲティを紹介したいと思います。



「豆乳みそスパゲティ」

作り方は簡単で、

1.玉ねぎとえのきをバターで炒める。
2.そこに豆乳をドバーッと入れる。
3.みそを溶き入れて、茹でたスパゲティを加える。

で、できあがり。
完成↓


IMG00305a.jpg


これが、簡単なのにすごく美味しいんですよね。

クリームソースのスペゲティみたいだけど、クリームソースほどあとでもたれず、

若干チーズを振ってより濃厚にして食べたり、

鶏肉を入れて、その際に皮を剥いで、
お肉より先に香ばしい色がついて、油が出るぐらいまで炒めて、
バターの代わりに動物性の脂分として利用したり、

でほんのちょっとだけアレンジして美味しく食べています。


このメニューは、
高山なおみさんの「たべるしゃべる」という文庫本のP.24にさらっと紹介されていたのを、

実践して作ってみたような次第です。


わたしがボールにゴチャッと盛りつけているので、

「なんだかなあ」と思われるかもしれないですが、

ほんと美味しいのでぜひお試しあれ。

手順が上の3手順しか書かれていないので、豆乳の量などは自分の好みでお願いします。


料理の上手い人はアレンジされたらぜひ教えてもらいたいなと思います。



この「豆乳みそスパゲティ」を新たまねぎで作ろうとして、
新たまねぎを切っていたら、ぬるっとした薄皮部分がすぺって、

↓ざっくりと中指を切ってしまいました。
きちんと指を丸めて切っていない時点で、わたしの料理の腕がわかるというもんですが、

この日を中心とした3日程は、
くだらない失敗で体のあちこちをケガしていたので、腕が切り傷だらけでした。


IMG00304a.jpg

テーマ : 食生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。