スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『呉・三国志』二 孫策の巻





『呉・三国志』二 孫策の巻



なんとなく、歴史物、三国志関連の物が読みたいなと読み返してみて、

巻頭にちよさんの噛んだあとが残っていて、涙。



それはさておき、

三国志、魏呉蜀の中で一番影が薄く、やる気の感じられない呉。(イメージ)

その中では、天下を狙う気持ちが一番横溢していた孫策の時代を描いた時代小説。



個人的な感想としては、

個々の登場人物についての枝葉の記述が少し分量が多くて本筋を追いづらいなとは思いますが、

もっと枝葉の多い某歴史小説家よりはマシなので許容範囲内です。



妖術対決、縄術使いなどが出てきて、

吉川英治の『三国志』よりはエンターテイメント色がつよいのかなと思いますが、

先に吉川英治を読んでしまっているので、そう思うのかもしれません。



当たり前ですが、子供のころに吉川英治の『三国志』を読んだときの、



誰が主要登場人物か(予備知識がないので)わからず、

誰が生き残り、誰が敗亡するのか、



ドキドキしながら読んだ気持ちは、もう戻ってこないので、

于吉と左慈の扱いが、吉川三国志とは違うなとか、

予備知識をもって他と比べてしまう自分が少し悲しかったりします。



僕は某大学の史学科東洋史学専攻だったのですが、

ほとんどの学生は、東洋史のきっかけは吉川英治の『三国志』でした。



僕の場合も吉川三国志から井上靖の『蒼き狼』『敦煌』『楼蘭』というコースで、

次第に東洋史に興味を持つようになりました。

そんなわけで井上靖が没後に少し忘れられた作家のようになっている現状を淋しく感じます。



話は飛びましたが、

三国の中では、地味な呉ですが、

呉、東晋、宋、斉、梁、陳 は江南に栄えた王朝として、

六朝(りくちょう)文化を繁栄させたので、

その基礎になる部分を作ったという意味では、

呉の果たした役割は大きいんですよね。



江南の開発が進み、経済上の役割が大きくなり、

その江南と華北を結びつけるために隋代になり大運河が建設されて、

政治上も経済上も結びついていくわけですから。



南朝には、倭の五王が朝貢したという記録があり、

それぞれ官位を授けられているので、

ある意味、馴染み深い王朝でもあるわけですが、

あんまり習った記憶のない時代でもあります。



卑弥呼は魏に朝貢して「親魏倭王」の位を授けられているので、

同時代の他の日本の首長が呉に朝貢して、なんらかの位を授けられていたりして、

なんて想像をすると楽しいですが、さすがに記録に残るだろうな。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

猫柄のハンカチ





失くしたと思っていた猫柄のハンカチ。


出てきた。


ちよさんを懐かしく思い出しますが、振り向いてばかりではいけない。


前を向かなくちゃ。




IMG00377a.jpg

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

『ステップファザー・ステップ』





久しぶりで宮部みゆきさんの作品を再読してみることにして、

ステップファザー・ステップ」を読み返してみた。

(リンク先の表紙が、僕の持っているのと全然絵が違いますが…)



宮部みゆきさんの本を読むと、温かい気持ちになる。

「袖すりあうも多少の縁」といったらいいのか、

「淋しいとき淋しいと感じる人間同士の関係を優先した方が、世の中楽しくなるに決まってる。」

なんて一文でもわかるように、

淋しい人同士が寄り添って温かいものを育てていくのが感じられるからだろうか。

この本の「お父さん」と直、哲の双子の関係もそうだし、

レベル7』の生命保険会社の相談所の真行寺さんとレベル7に行こうとした女の子の関係も、

魔術はささやく』の守君と絵が大好きな友人の関係もそうだと思う。

(手元にないので名前が違うかも)



そんな人間関係を傷の舐めあいと揶揄することも可能なのだけれど、

それだけに終わらせないような独特の温かみが、

宮部みゆきさんの作品にはあるような気がする。



再読して感じたのは、

この短編集の中に他の作品に通じる要素が色々入っていたんだなということ。

冒頭の短編「ステップファザー・ステップ」で井口雅子になり代わって生きていこうとする女性は、

火車』の新城喬子を思わせるし、

「ヘルター・スケルター」の

轢き逃げが他の事件の中に隠されているさまは『魔術はささやく』を連想させる。

(「ヘルター・スケルター」というタイトルの短編が入っていたことさえ、

 記憶になかったので、すこし驚いた。

 同名タイトルの岡崎京子さんの漫画についてもいつか感想を書いてみたい)



で、巻末の解説代わりの「メイキング・オブ宮部みゆき」の最後に、

(『火車』は)まずラストシーンが書きたかったんです。

捜しに捜してきた女性がドアを開けて入ってくる。

それを主人公が少し離れたところから見ている。

でも、一言も声をかけないで終わる、その場面を書きたいと。



と宮部みゆきさんが発言しているのに、納得。



『火車』を読んでラストがとても印象的で余韻のある良い終わり方だと感じていたので、

作者の宮部みゆきさんの術中にいいようにはまった自分が、とてもうれしかったのでした。



『火車』はいろんな意味で、

僕にとっては特別な作品なので、いつか感想を書いてみたいと思います。



ラストシーンの良さが記憶に残る作品といえば、

『火車』と映画『ジョゼと虎と魚たち』が、僕の中では双璧かなと思います。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

ちよさん、さよなら






ひさびさのログインで辛いお知らせで、心が痛いのですが、


諸般の事情がありまして、
同居猫のちよさんと一緒に暮らせなくなりました。


さようなら、ちよさん。


とあるリアルなお知り合いの方にもらっていただくことになりました。


そのおうちは20歳越えの猫を飼っていた経験もあり、
ちよさんが走り回る、充分なスペースもあるおうちで、
きっとこれから先の長いちよさんの人生を、

元気に健康に過ごしていってくれることと信じています。


移動してすぐはやや環境の変化に戸惑って、
体調を崩したみたいですが、

いまはすっかり慣れて、元気に暮らしてくれているとのことです。


ありがとう、ちよさん。

足を折らずに元気に走り回ってね。
いままで、狭い家で我慢させてごめんね。


ありがとう、ちよさん。
おじさんは未だに泣いてしまうことがあります。

でも、大丈夫だから。


ちよさん、元気で。
ありがとう。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

「頼朝と重源」展のポスターをみて






大河ドラマで「平清盛」を放送しているので、

それとの関連で、「頼朝と重源」という展示になるのかなと思うですが、

近頃、日本の中世史の本を読んでいて思うのは、

南都の焼き討ちを命じた平清盛も平重衡も大変剛愎な人物だったのではないかということです。


頻発した南都北嶺による強訴の神輿とそれを振る僧(兵)を、

射ることすら武士がためらう時代に、

その本拠たる南都(奈良)を焼き討ちにするというのは、

並大抵の覚悟ではないでしょうから。


なにしろ、嘉保の強訴に対して、攻撃を命じた藤原師通が、神の矢を眉間に受けて、

その祟りで死んだと信じられていた時代に、南都を焼き討ちするわけですから、

平氏が武士らしさを失って、坂東の荒武者の気風を失わない源氏に負けたというのは、

まったく当たらないのではないかと思います。


なにしろ、北嶺にあたる比叡山を焼き討ちした武士は、

時代約400年も下った織田信長ですからねえ。


しかもその時ですら、国家の両輪である王法、仏法のひとつ、

仏法に対する破壊だという非難や意識があったということですから、


平重衡の南都焼討は、やっぱり並の武士ではできないのではないかと思うわけです。

展覧会もできたら、見に行きたいなと思っています。

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

銀英伝 @ Takarazuka





電車の広告でみた「銀河英雄伝説@Takarazuka」、

銀河英雄伝説も宝塚で劇になる時代ですか。

銀河英雄伝説もSF小説の古典になったということでしょうか。

トクマ・ノベルズ版を発売日を待ちながら買った世代としては、

うれしいような懐かしいような感じがします。


宝塚の舞台の方は、

登場人物にキルヒアイスとアンスバッハがいるので、2巻辺りが舞台になるということでしょうか。

作者の田中芳樹先生は、

「キルヒアイスを早く殺しすぎた」と悔やんでいるらしいですが、

ここはいい場面ですからね。



ヤン・ウェンリーが男前すぎたり、

オーベルシュタインが男前すぎすぎすぎたり、と「違うな」と思ったりもしますが、

ラインハルトとロイエンタールは、

宝塚のかっこいい二枚目俳優さんにはぴったりなので、

期待が高まりますね。


とはいえ、

関西在住ながら宝塚を見たことはないのですけれどもね。


あと、演じるのが「宙組」のみなさんなんですね。

そこが一番、銀河英雄伝説にふさわしい要素かもしれないですね。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

ゴチンちゃん、その後





先日、ゴチンちゃんという、とある道路で出会う猫について書いたのですが、

その続報を書きたいと思います。


あまり会ってはいけないなあと思いつつ、

人懐っこいのが心配でたまに様子を見に行き続けています。


最近は撫でるときに、自転車を降りても逃げなくなってきてくれました。



で、そんなある日、犬の散歩をしている女性の方に声をかけてもらい、

ゴチンちゃん(そう呼んでいるのは僕だけですが)のことを教えてもらいました。



一緒にいる大人に見える茶トラ猫は、
実は兄弟で、同じ時期に生まれたのだが、
ゴチンちゃんの方が子供の頃に虚弱でこんなに大きさが違うこと。
(ゴチンちゃんは暗いので毛色がわかりにくいですが、たぶんサビ猫)


人懐っこいのは、子供の頃からで、なぜかはわからないこと。


右の耳の先が切れているのは、喧嘩したのではなく、
ゴチンちゃんのような野良猫さんが繁殖して、不幸な野良猫が増えないように、
ボランティアで捕獲して避妊手術を受けさせている方が、
避妊手術をした印に少し右耳の先を切ったのだとのこと。


去年の冬を小さいので越せるかどうか心配だったが、無事にこうしていること。
(なので、遅い夏生まれか、早い冬生まれで、一歳弱らしいこと)


などを教えてもらいました。


その犬の散歩をしていたお母さんに、

「お兄さん、飼えるならぜひ買ってあげて。

 人懐っこいから、絶対玄関まで迎えに来てくれるいい子になるから」

と言われました。


そっか、ゴチンちゃん。

一緒にいるのは兄弟(姉妹)なんだね。


先日、一度抱っこしたところ、さすがに嫌だったらしく、

今後はもう近づいてくれないかもしれないですが、

それでも、ゴチンちゃんが気になるので、様子を見続けたいと思っています。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

ミツワオーロラ






先日、ウェブで次のようなニュースを見かけました。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000257-sph-horse



マックイーンの娘、乗馬から繁殖へ…奇跡の血が蘇る

スポーツ報知 7月31日(火)8時2分配信

 昨年の3冠馬オルフェーヴルに、今年の皐月賞馬ゴールドシップ。「父ステイゴールド×母の父メジロマックイーン」の組み合わせから、2年連続でクラシックホースが生まれた。生産界にとっては、まさに黄金の配合。北海道新冠町の大栄牧場(浜口寛社長)は、生産馬で一度は手放したメジロマックイーン産駒のミツワオーロラ(牝10歳)を探し出し、繁殖として乗馬クラブから買い戻した。ステイゴールドとの種付けも、無事に成功。“奇跡の血”を求めたストーリーが動き出した。

 乗馬から繁殖へ。ミツワオーロラは、大きな使命を背負って、生まれ故郷である大栄牧場に帰ってきた。

 メジロマックイーンを父に持つ繁殖牝馬にステイゴールドを交配すると、驚くほど高い確率で活躍馬が出現する。浜口寛社長(63)は、乗馬になっていた生産馬を買い戻すという、極めて珍しい策を講じた。「マックイーンの牝馬は、たくさんいるわけじゃない。何とか戻したかった」。現在、繁殖として登録されている父メジロマックイーンの牝馬は、わずか58頭。今年の2歳世代では、25頭が子供を送り出しているにすぎない。

 ミツワオーロラは、02年5月19日生まれの鹿毛馬。現役時代は、美浦・二ノ宮厩舎に所属したが、6戦未勝利で引退した。メジロマックイーンの産駒全体の成績がいまひとつだったこともあり、オーナーは繁殖入りを望まなかった。そこで二ノ宮調教師は、分場として利用していた千葉のドリームファームへ従業員の乗馬用として預け、その後は、乗馬クラブを転々としていた。

 手を尽くして“娘”を捜した結果、3月に神奈川県内の乗馬クラブ「クレイン」にいることが判明した。「たとえ見つかったとしても、血統証がなければ再登録もできない。幸い、この馬の場合、JRAで保管してあったので助かった」と浜口社長。すぐに、買い戻しのオファーを出した。

 種付けシーズンも、終盤に差しかかるところ。すぐにでも連れ戻したかった。しかし、クラブでは人気の高い乗馬として活躍。ゴールデンウイークまで、予約がビッシリ埋まっていた。牧場に戻ってきたのは、5月10日のことだった。

 次の作業は、ステイゴールドとの交配だ。しかし、今度は、肝心の相手が予約殺到でふさがっており、けい養先のビッグレッドファーム明和からは、何度か断られた。それでも、ダービー当日の5月27日に種付けすることができ、受胎も確認。来年の4月27日に出産する予定となっている。

 ミツワオーロラは現在、受胎で膨らんだおなかを揺らしながら、放牧地で日々を過ごしている。「ステイゴールドの産駒は小柄な馬が多いけれど、母は骨量があるので、いい子が生まれるんじゃないかな。なんとか無事に生まれて、出世してくれればいいね」と浜口社長。黄金の配合を巡る“冒険”から、素晴らしい未来が導き出されることを期待している。

 ◆大栄牧場 1959年創業。繁殖牝馬23頭、従業員5人の中規模経営の牧場。主な生産馬は、スマートギア(12年中日新聞杯)、ゴールデンダリア(10年新潟大賞典)、ミツワトップレディ(02年クイーンS)、ブリリアントロード(99年新潟大賞典、新潟記念)、ダイワオーシュウ(97年菊花賞2着)。

 ◆ステイゴールド 94年生まれのサンデーサイレンス産駒。重賞4勝。01年12月の香港ヴァーズでG1制覇を遂げ引退した。

 ◆メジロマックイーン 87年生まれの芦毛の名ステイヤー。90年菊花賞、91、92年天皇賞・春などG1・4勝。




ちょうど、競馬を見だしたころのスターホース、

メジロマックイーンの血が一頭でもたくさん残れば、本当にうれしいです。



メジロマックイーンを実際にこの目で見たのは、結果的に現役最後のレースとなった、

京都大賞典だけなのですが、

その年のジャパンカップの勝ち馬、レガシーワールドをものともせぬ完勝ぶりに、


「ああ、これで秋のGⅠはマックイーンが全部勝つだろう」とうれしさに

胸を躍らせたのを懐かしく思い出します。


4コーナーよりの古いスタンドで大声を出して応援しました。
本当に懐かしい。


結果として、メジロマックイーンは次走の秋の天皇賞前に故障して引退したのですが、

無事に出走していれば、秋の天皇賞も、ジャパンカップも、有馬記念も、

きっと勝利してくれていただろうと、いまだに信じています。



本当は親子4代天皇賞を制覇してくれるような牡馬を輩出して欲しかったのですが、

残念ながら、そうはなりませんでした。



まあ、昨年の三冠馬、オルフェーヴルやその兄ドリームジャーニーを通して、

メジロマックイーンの血は、多くのサラブレッドに受け継がれていくと思うのですが、

それでも、乗馬になっていたミツワオーロラが繁殖に上がってくれるのは、

とてもうれしいもんです。


とはいえ、ダビスタにも飽き、

実際の競馬でも、サンデーサイレンス一色の競馬に呆れるやら飽きるやらで、

競馬とは縁遠くなっているのですが、

うれしさにブログを書いてみました。

テーマ : メジロ
ジャンル : ギャンブル

催眠商法、SF商法への注意喚起の記事にリンクなどの補足





先日、ヤフーニュースの中で気になる記事を見つけました。

高齢者を狙った「ハイハイ商法」とは 被害者の平均年齢は79.5歳

 古くからある悪質商法の一つ、催眠商法。最近も被害が相次いでいるようだ。

 国民生活センターは7月20日、ホームページ上で「SF商法『つられて買ってしまったけど』の巻」を公開した。72歳の女性が言葉巧みに高額商品を購入させられる事例を紹介し、注意を呼び掛けている。

 催眠商法とは、冷静な判断ができない高揚した雰囲気の中で、高額な商品を売りつけるもの。狭い会場に人を集め、販売員が巧みな話術で場を盛り上げながら、「ハイ、ハイ」と手を上げさせることから「ハイハイ商法」と呼ばれたり、最初にこの商法を始めた団体の名から「SF商法」とも呼ばれる。

 同センターは、2010年7月14日にもこの商法についての注意喚起を行ったが、2年越しの再掲載であることから、現在も被害が続いているとみられる。

 販売される商品は布団類、健康器具、健康食品などで、金額は20~50万円くらいのものが多く、最近では数万円程度のものも増えているという。

 被害に遭わないためには、「無料配布や販売会のチラシ、引換券を配っていても受け取らない」「販売員や近所の人に誘われても、絶対に会場へ行かない」「タダより高い物はないと心得る」ことが大切だとアドバイスしている。また、空き店舗を利用した期間限定の店舗や臨時の販売会では、トラブルが発生した際には連絡が取れないことが多く、架空の連絡先だった場合は、被害の回復が困難になると解説している。

 一方、茨城県は6月28日、この「催眠商法」の手口で高額な商品を売り付けたとして、ある訪問販売業者を、特定商取引法(販売目的等不明示など)に基づき、3か月間の業務停止を命じた。この業者は催眠商法によって、ネックレス、ブレスレット、首巻、腹巻きの4点セットを22万円で販売していたという。茨城県の消費生活センターには、2011年12~2012年4月までに計13件の苦情・相談が寄せられ、被害者の平均年齢は79.5歳だった。

 国民生活センターは、契約をやめたい場合はクーリング・オフを、その期間が過ぎていたとしても契約に納得がいかないときは、あきらめずに自治体の消費生活センターに相談するよう呼び掛けている。


(加藤 秀行 、 簗瀬 七海)




引用文中に、それぞれ国民生活センター内の該当ページヘのリンクを貼りました。


今年の1月にも寝具等の催眠商法を行っていた訪問販売業者に3カ月の業務停止命令【香川県】

という事例があるので、みなさん気をつけてください。



自治体の消費生活センターへのリンクは「国民生活センター」ホームページ内の、

各都道府県の消費生活センターへのリンク一覧ページにつながっています。



お年寄りの方ご本人が、このブログを見ているということはなかなか考えづらいですが、

お年寄りの周りの方、

お子さんや周りの親族の方が、おかしいなと思ったら、

ぜひ相談してみてください。



同じ額の買い物をするにしても、

本当にご本人が必要としているもの、買いたいと思っているものを買うほうがいいですからね。

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

麦茶







今年の夏もいつもと同じように西製茶所麦茶を買うつもりだったのですが、

たまたまその麦茶を切らしている時に、

近所のスーパーで、同じような丸麦タイプの麦茶を発見したので、

お試しのつもりで購入してみました。

(なんだか心なしかパッケージも似ているような)


IMG00366a.jpg


出雲の国の麦茶よりもかなり大麦一粒の粒が小さいです。

1リットルに対して麦茶15グラムを入れるようにとのことなので、

大さじで二杯すくって薬缶に投入。



3分間煮だして、荒熱を取ったあとで冷蔵庫に入れて飲んでみることにします。

冷蔵するためのガラス容器に入れる段階で、

西製茶所の麦茶よりもかなり色が濃いなあという感じだったのですが、


実際に飲んでみると、色ほど味が濃いという感じではありません。


味に関していえば、西製茶所の麦茶が飲み口、あと口ともにとても爽やかで香ばしいのに対して、

今回はじめて買った麦茶のほうがコクという点では分があるのかなと思いますが、

全体的な感想では、いつもの西製茶所麦茶のほうが、やはり個人的には美味しく感じます。


なんというか異常な爽快さですからね、西製茶所の麦茶は。

今までの人生で、これほど美味しい麦茶は飲んだことがないというレベルです。



ただ、売っているところがなかなかなくて(通販で買えばいいのですが)、

なんばパークスのナチュラルハウスまで行かねばならないのが難点です。

(よく売れる、まとめ買いがあるのか、品切れの時もあります)

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。