スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京原人についての小話





「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」という本を読んでいます

(もちろん、タイトルは同タイトルのゴーギャンの絵画からとられているのですけれども、
 この絵画をみると、なんだか原初的な混沌といったものを感じて不安になるのは、僕だけでしょうか)。


この中で、北京原人が「ホモ・エレクトス・ペキネンシス」と紹介されていてビックリしました。

「シナントロプス・ペキネンシス」という北京原人の学名を覚えているのが、

数少ない僕の「へぇー」の元だったので、残念です。


しかも、そう遠くない過去になにかの拍子に北京原人の学名が「シナントロプス・ペキネンシス」だと、
他人様に話したような気がするんですよね。


相手が誰だったのかさっぱり覚えていないので、
その人がそのことを覚えることなく、
いっときの雑談のネタとして忘れていることを祈るばかりです。


ちなみに、旧学名の「シナントロプス・ペキネンシス」を覚えたのは、

子供の頃に「北京原人展」という展覧会に連れて行ってもらい、そこで覚えたような気がします。

ただし、その「北京原人展」で、

父親に「さっきの展示とこっちの展示どっちが古いん?」などと質問攻めにしたところ、

おそらく父自身もわかっていなかったために逆ギレされ、

「お前には自分で勉強するという心がないのか!!」と

会場でキツい口調で叱責され、その後の展示を泣きながら見たのは、
今になっても拭えない苦い思い出です。
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。