スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街なかの蛇







先日(7月5日)の夜10時頃に自宅に向けて自転車をこいでいると、

大阪医療センター南側、東に向かって登っていくゆるい坂道で

道の上に細いヒモがあるのに気がつきました。


と、なんだかヒモが動いたように感じたので、
自転車を止めて目を凝らしてみると、蛇でした。

こんなところで蛇を見かけるとは、驚きでした。

蛇の方も自転車にまたがったままの僕の姿が大きく見えたのか、
すこし威嚇するようなしぐさだったので、

まさかマムシではないだろうが、噛まれたら嫌だなと思いつつも観察を続けると、

道路に北側に面している病院の壁を登ろうとし始めました。

コンクリート壁なので、ひっかかりがなく登れないと少し東に移動し、
石積みの壁になっている部分に差しかかると、

器用に石積みのくぼみに身体を引っかけて、壁を登り、
壁の隙間から、病院の敷地内に消えていきました。


面白かったのは、その間、同じ側の歩道を3人の女性が歩いていったのですが、
誰一人として、もそもそと動いている蛇に気づかないんです。

僕は蛇に向かっていつものごとく、

「あなた、どこからきたん?」とか

「おお、器用に登るな」とか

「がんばれ、もうちょっと」

などと声をかけていたのですが、僕の視線の先に注目することもなく、
スタスタと通りすぎて行きました。


彼女たちからしてみれば、
いると想像だにしない蛇よりも道端で自転車にまたがったまま、

誰もいない空間に声をかけている、
「へんなおっさん」である僕のほうが気持ち悪かったのは確実なことでしょう。


しかし、あの蛇はどこから現れたのでしょうね。
大阪城公園からは200mほどは離れているし、上町筋を越えないといけない。

難波宮跡は上町筋をまたいで隣ですが、蛇が生息できるとは思えないんです。
だだっ広い場所で、身を隠す場所あまりない場所なので。

その蛇、一匹だけが自然にわいてでるはずもなく、
近所で親が生息したりして、繁殖できる環境にあるんでしょうけれどもね。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。