スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリアタウンでのできごとと、






先日は、桃谷のコリアタウンにキムチを買いに行ったところ、

いつものキムチ屋さんで注文した大根キムチの受け取りまでの間、

商品を袋詰めしてくれている際に、


お店のお母さんが、店頭から少し入った奥にいる従業員?お友達?の方と、

韓国語(朝鮮語かな?)で話をはじめて、

そのやりとりのあと、袋詰を終わって僕の方に向かって


「なあ」

と同意を求めて声をかけてこられたので、

「ええ、わからへんねん」

と答えると、

「ああ、そうなん?」

というような反応で、二人で笑ってしまいました。


きっと、さも解っているかのような顔で、僕は話を聞いていたんでしょうね。


どこの国に行ってもあまり違和感のない顔のようで、

大阪の南港から船で上海に行った時に、

上陸した日に宿を確保して、その足で上海駅に翌日の汽車の切符を確保しにいく途中で、

いきなり中国人の親子連れに、

地図を見せられて(おそらく)道を尋ねられた時には、かなり焦りました。



というか、中国についたばかり、かつ初の中国だったのに、

現地人と間違われるとはなんという観光客オーラのなさなんでしょう。


しかも、まさか道を聞かれると思っていなかったせいで、

なにも言葉が出てこず、

相手がもう一度質問を繰り返したあとでようやく

「I can't speak Chinese.」と英語で言うのがやっとでした。


そもそも心づもりがあったとて、

東洋史専攻のくせに中国語赤点で再履修クラスだった僕には、

うまい言葉で返せるはずもないのですけれども。

単純に「我不話中文」でいいのかな?



ただ幸いなことに、単語帳のようなノートを作っていったおかげで、

なんとか各駅とも筆談で切符を買うことに成功して、

その後昆明からハノイ(河内)に脱出して、無事に中国の旅を終えたのでした。


で、そのあと、きのうのスリムT話題でアップした写真のベトナム、カンボジアへと続いていくわけです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。