スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の花






今日はご近所の花を紹介したいと思います。
まだ、今週一回目の更新。今週は週二回更新のゆるい掟をちゃんと守れるのでしょうか?


RIMG0538a.jpg

まずは近所の公園の藤の花です。

藤は勝手に5月ごろに咲くイメージを持っていたのですが、
実際には桜の終わった頃から咲いていますよね。
それに藤はけっこう香りが強いので、見た目も香りも楽しめますね。

不思議なのは、藤の花には、クマン蜂が群がることですね。
ブンブンと羽音を立ててクマン蜂がたかるのに、
藤の花の季節以外は、眼にしたことがありません。
それ以外の季節は一体どこで何をしてすごしているんでしょう、クマン蜂は?


次は、別の公園の桜です。

RIMG0545a.jpg

RIMG0549a.jpg

他の桜は全て花を散らしているのに、
不思議なことに、この写真の樹の一枝だけ花が残っているのです。

上の写真の右手のほうにだけ花が残っているのが、わかってもらえるでしょうか?

この樹だけ違う品種には見えないですし、
残っているのは一枝だけなので、とても不思議な感じです。
この枝だけ違う品種が接木されているということは、ありえることなんでしょうか?

それにしても、ほんの少しだけ残っている、
この花にはなんだかいとおしさを感じてしまいますね。
(月曜日に撮った写真なので、今はもう散ってしまっているかもしれないですね)


最後は、一枝だけの桜の西、団地の集会場の脇にいる八重桜です。

RIMG0558a.jpg

RIMG0559a.jpg

八重桜は、これまた勝手なイメージで、
小さな樹が多いと思っていたのですが、
この樹はかなり大きな八重桜です。

八重桜は綿菓子のように見えるので、なんだか好きです。

RIMG0557a.jpg

この日は、時に風が強く吹くお天気だったのですが、
その風に乗って、花びらが舞い散っていました。

桜は、最後の力を振りしぼって、養分にするために花を咲かせ、
自身の樹の下に散らせるのに、
それがアスファルトの上に積もってしまうのは、少しかわいそうな気がしますね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。