スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のお茶






連休、出かけると思うのですが、
今日、土曜日に出かけるかどうか自信がないので、
とりあえず紅茶でごまかしたいと思います。


無印で見かけた、日本の紅茶をご紹介します。

よく知られているのかどうかわかりませんが、
最近、国産の紅茶がいろいろ出てきています。

やっぱり国産の農産物を望む気持ちが強いからでしょうか?

その中でもおそらく一番有名であろう、西製茶所さん。
↓ホームページのアドレスです。
http://www.nishiseichasho.jp/index.html


自分は、従来からの製品、出雲国の紅茶は飲んだことがあるのですが、
今回見かけた「べにひかり」は、初めて見たので、購入して飲んでみました。


ちなみに「べにひかり」というのは、
商品名ではなく、お茶の品種の名前です。
米でいうと「あきたこまち」や「こしひかり」みたいな感じです。
緑茶で一番一般的なのは「やぶきた」です。
で、この「べにひかり」は、アッサム系の茶なのだそうです。

RIMG0568a.jpg

ラベルはこんな感じです。

続いて、水食。
えっと、お茶の色のことです。

RIMG0571a.jpg

RIMG0572a.jpg


写真のピントが甘くて、申し訳ないです。

自分が今まで飲んだ国産の紅茶は、
いずれも水食は、インドやスリランカのものと較べると、淡いです。
それは写真からもお解かりいただけるのではないかと思います。


飲んでみた感想は、甘みが強くて、ほんの少し苦味があるなと思います。
感じる甘みは、かなり強いです。
たぶん、紅茶を飲み慣れない人でも砂糖は要らないと思います。
この甘みの強さは、上でリンクしている「出雲国の紅茶」の紅茶も同様で、
国産紅茶の強みかなと思います。
で、「出雲国の紅茶」よりも、やや苦味があります。

ただ、自分は苦味もうまみの一種で、
もっと苦味がガツンと利いているものも好きなので、
苦味については、もう少しあってもいいかなと思います。
アッサム系の特徴は、トロンとした甘みと少しきつめの苦味だと思うので。


ただ、以前読んだ紅茶のレビューなんかでは、
甘みと香りを求める声がとても多かったので、しょうがないのかなと思います。

少し残念なのは、香りの点では、かなり弱いなと感じる点でしょうか?
アッサム系は全体的に、ダージリン系なんかと較べると、
香りが弱いと思うのですが、それにしてももう少し欲しいなと、
ないものねだりしてみたくなります。

でも、先ほども書いたように、甘みはとても豊富で、
とても美味しい紅茶だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。