スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いーふろん亭 ポッド寄席の感想







ゴールデンウイーク、何度か外に出かけたのですが、
残念ながらここに書けるような出来事ではないので、
今回は、聞き貯めしていたポッドキャスト配信されている、
いーふろん亭 ポッド寄席を聴いての感想を書きたいと思います。

最初にお断りしておきますが、自分は「落研」出身であったりして、落語に詳しい者ではなく、
関西出身、関西在住であるため、江戸落語(?)、東京落語についての知識は、
全くといっていいほど欠落しています。
そのため、まったくの素人感想で、間違いなどがあればご指摘くださいませ。


まず、落語を配信しているいーふろん亭 ポッド寄席はこちらです。
東京の落語家さんは、前座→二つ目→真打 と昇進していくのですが、
その中の二つ目さんの落語が、ここ、いーふろん亭 ポッド寄席では、紹介されています。



「金明竹」鈴々舎わか馬

三遊亭円丈さんの名古屋版金明竹は聴いたことがあったのですが、
普通のタイプを聴いたのは、これが初めてです。

後半登場する関西人の加賀屋からのお使いの口上は、
関西人である自分が聴いてもわかりません。

で、口上を確認したくて、いつも通りWikiに頼ってみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%98%8E%E7%AB%B9

Wikiによると、有名な「寿限無」を覚えた後に覚えるほど、
ポピュラーな演目だそうです。
ポピュラーだからこそ演じるのが難しいそうですが、
鈴々舎わか馬さんの演じ口は、枯れたような風合いがあって、好感が持てます。



「公園のひかり号」古今亭駒次

このお話は、古今亭駒次さんの創作落語です。

公園に置かれている廃車になった新幹線0系で、
電車ごっこをする老人と知り合った少年とのお話。

鉄道好きな方(鉄ちゃん)って、面白いなあ。
鉄道を好きだという思い入れが、いろんな方向に噴出して。

創作落語を嫌いな方もいるようですが、
作者&演者のその思い入れの強さが、鉄道物に限らずとも面白さを生んでいるような気がします。



「長屋の花見」春風亭一之輔

ちょっと花見のシーズンとは外れた時期の配信ですが、「長屋の花見」というお話です。

冒頭に、「18年前に1か月分だけ家賃を納めた」とか「家賃って、何?」という話が出てくるので、
貧乏な人達が住んでいる長屋なのだとわかります。

で、その長屋の人たちが、大家さんに誘われて、酒、かまぼこ、玉子焼きに見立てた、
番茶、大根の香こ、たくあんを持って、花見に出かけます。

最後は、「酒に酔ってるんだから、景気の良い事を言え」という大家の言葉に対して、
「長屋に良い事がありそうです。酒柱が立ってます」というオチ?、サゲ?です。


まがい物でもふるまって、いいカッコを言う大家と、
それを受け流していく長屋の住人のかけあいが面白いです。

しかし、他の落語でもよく出てくるんですが、
昔の長屋って、そんなに家賃をためて大丈夫だったんでしょうか?


ポッドキャストの落語は、かなり在庫を持っているので、
また感想を書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。