スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試写会鑑賞 映画「アンノウン」






先日、とある方から試写会のチケットを戴きまして、
久しぶりで映画を観てきました。


観てきたのは、5月7日公開予定の「アンノウン」です。
リンク先は公式サイトですが、Flashがグリングリン動くので、
僕と同じように非力かつ回線の細い方は、ご覧にならないように。


時間ギリギリに入ったので、後ろの方の席に座ったのですが、
一列前の男女連れが、お稲荷とかおにぎりとをムシャムシャ食べたのには、
ちょっと参りましたが、
ストーリーが進むと集中して観られました。

リーアム・ニーソンが
「あんまりバイオテクノロジー(植物)の学者らしく見えない」と
思いながら観ていたのですが、
最後まで観ると「それでいいのだな」と納得。


主人公Dr.マーティン・ハリスを殺そうとする人物達が、
大げさかつ執拗に追跡するので、
「そんなに派手に殺そうとしたら、暗殺じゃないだろ!」
とか、
ラストでマーティン・ハリス(?)の記憶が完全に戻ってきたときに、
急激に身体のサバキが変わるのですが、
「そういう体に染みついた行動は、記憶障害でも損なわれないのでは?」
とか、
若干突っこみたいところはありますが、

それでも、充分に面白い映画でした。

ゴールデンウィークのラスト二日は上映日なので、
お時間のある方はご覧になられてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。