スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーケストラ千里山 第17回演奏会






日曜日は伊丹のいたみホールへ、
オーケストラ千里山というお知り合いが在籍なさっているオーケストラの演奏会に行ってきました。

むかし、父親の勤めていた鉄工所が伊丹にあったのですが、伊丹に来るのはそれ以来です。

いつも演奏会へのお祝いは何がふさわしいのかわからず、お花を持っていくのですが、
今回もいつもどおり途中のお花屋さんに駆けこんで、お花を購入します。

お花を購入する時は、いつも「適当にお願いします」と言ってしまいます。
花の種類とか旬がわからず、いつも「適当に」「おまかせで」と言ってしまいます。
スラっとお花の買える男になりたいもんだぜ。

当日の演奏は、
東日本大震災への鎮魂と復興の祈りをこめた

ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ

本演奏として

サン=サーンスの「サムソンとデリラ」より「バッカナール」

ドリーブの「シルヴィア

ベルリオーズの「幻想交響曲

アンコールとして

ビゼーの「アルルの女」より「ファランドール」

でした。

クラシックに造詣が深いわけでもない
(それが証拠に「サムソン」と聞くと競走馬のメイショウサムソンが思い浮かび、
「ファランドール」を聞くと、子供の頃にこの曲が使われていたガス器具のCMをおもいだしました)僕は、

演奏の善し悪しなんてわかりませんが、
半年に一度ぐらいのゆっくりと音楽を楽しむ時間は、
とても気分転換になります。

日曜日は家にいると、
「トーキングウィズ松尾堂」のあと、
「日曜クラシックワイド」の「オペラアワー」を聞いているのですが、
いっこうにクラシック通になる気配がありません。

「聞く」と「聴く」では、全然違うということなんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごっちゃん親父

Author:ごっちゃん親父
こんにちは。
身近な出来事を駄文ながら綴りたいと思います。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。